9月 25, 2022

~がんばれ僕らの~グラドルヒロイン

…2036年。我が国の犯罪検挙率は20%代にまで落ち込んでいた。犯罪大国になりつつあるこの国に立ち上がる一つの組織。最新科学機器を駆使し、事件発生以後からしか身動きのとれなかった従来型の犯罪捜査を一新し、事前に情報を集約し犯罪発生の芽をつむ絶対攻性の警察実働部隊。彼らはそのシステムの名に所以し、こう呼ばれた。「華装攻性捜査官・アドバンシアン」と。最新テクノロジー『ターン・アドバンスシステム』によって着ている衣服を分子レベル分解し、特殊兵装処理を施して闘う女性捜査官たち。その1人、No.7聖袈沙彩(セイケサアヤ)は、多国籍企業「上海電子有限公司」社長宅で犯罪が行われるとの情報を受け現場に潜入する。そこで目にした殺人兵器【3次元粒子誘導装置】が罪のない市民を狙う!傷つきながらも身を挺してその危機を救う沙彩。しかし宿敵Neoゾディアスのアジトに連れ込まれた沙彩にさらなる過酷な拷問が待ち受ける!自身をサポートするためのシステムを敵に逆手にとられ苦しみぬく沙彩。絶望の危機が迫ったその瞬間、一点の希望に沙彩は懸けた。華麗な乙女の怒りが天を貫き炎を呼ぶ!
羽衣天女の子孫である、マツバラカガリ。世界制服を企てる秘密結社「死ね死ね」が復活し、羽衣一族の末裔であるカガリを葬らんとする。そこへ、菅原道真の子孫と名乗る、スガワラノイカヅチなる男がカガリの前に現れ、死ね死ねを倒さんと、カガリに厳しい修行を施す。「カガリよ、苦行に耐えられるか!?死ね死ねに勝てるか!?」真(まこと)の羽衣天女=レインボーガールとなりて、平和をもたらすことができるか!?「ノウマクサンマンダ!変幻招来レインボーガール!!」
女子校生の「あこ」は何と、セーラー戦士「セーラーナース」であった。セーラーナースとは、人間の邪悪の心に憑りついた「妖魔」を倒し、心と身体を救う事が使命の戦士である。ある日、酔った男が妖魔によって、酔っ払い魔人に変化させられる。妖魔はその代償として、魔人にセーラーナースを倒せば、大好きな酒を未来永劫飲ませる事を約束、酔っ払い魔人は酒欲しさにセーラーナースを倒す事に燃える。変身バトンを奪われるナース、魔人の執拗な攻撃に耐えられるか!そして、魔人の心と身体を救う事ができるか?!劇中には「あこ」の見ごたえのある「イメージシーン」もふんだんに収録!!
普段は女子大に通い、グラビアアイドルとして活躍中の彼女。そんな彼女が突如、信じられない事件に遭遇する。「宇宙刑事」を統括する、銀河連邦警察が彼女に白羽の矢を立てた。それは、地球に逃亡した指名手配犯人を彼女に逮捕させる事だった。宇宙刑事に改造され、サイボーグを使ってのテストに耐え、見事に宇宙刑事となる。地球に帰還しテレスを発見、闘いを挑み「逮捕」を試みるが…果たして!殺陣は変身物の大御所、岡田勝が担う!!
科学者である、大間友晴博士が開発した「オオマニウム装置」。その装置を手中に収め、世界制服を企む悪ノ位博士。1年前、装置の独り占めを謀る悪ノ位は、大間から秘密を聞き出そうとするが、それに失敗、大間博士を殺害する。その秘密は、一人娘の「かおり」に託してあった。人と機械の融合によって「人類の平和」をもたらすための装置、それが「オオマ二ウム装置」であった。父が残した「電人ロボーグ」とともに、仇である悪ノ位の野望を阻止する事ができるか!?怒りの電流でスパークせよ!「電人ロボーグGO!」
20XX年。突然起こったクーデターによって追われた姫がいた。姫を守る為、彼女の父は未完成だったタイムマシンに姫と、姫を守るガードを乗せ逃がした。ガードは姫の記憶を封印し、現代に生きる普通の女の子として生活させていたが、芸能プロダクションに見初められ、姫はアイドルに、ガードはマネージャーとして生活することになる。未来からやって来た、襲撃者。変身したガードは襲撃者を一蹴。かなわないとみた襲撃者は撤退するが…。ターゲットを変更し、姫にもショックを与える襲撃者。その瞬間姫の記憶が再び甦りかける。突如ヒロインにエネルギーが戻る。ヒロインのバトルスーツこそ王家の証であり、王家の者が危機に瀕すると無限のエネルギーを発するのだ。王家の力で姫を守りぬけ!ミーティア!
キュオとそのパートナー、隆は二組で戦う破邪の戦士。ある日、隆はキュオを守るために自らの体を変化させ魔獣となる技を使う。その技は使うと二度と人には戻れず、更に、次第に意識も人間から遠ざかってしまう。キュオの前から姿を消した隆だったが、ある日、人間を襲っているとの情報が入る。キュオは彼を救うべく闘うと決意する。しかし彼を追っているのは彼女だけではなかった。魔獣を捕らえ、一儲けを企むグループが現れ、キュオの邪魔をするばかりか、捕らえて魔獣をおびき寄せる囮にしようと、キュオを痛めつける。そして、男達の計画通り、魔獣は現れ身動きできないキュオを嬲る。しかし、あるきっかけで、ほんの一瞬自我を取り戻した魔獣はキュオの拘束を解き、男達を殺す。誰もいなくなった場所で、キュオと魔獣は戦い、涙ながらにキュオは魔獣を打ち倒す。今度の事件をきっかけに戦士として大きく成長したキュオは、一人で新たな戦いに挑むのだった。
大学新聞部のなつは、5従姉妹の万里と二人しかいない部の存続のため、新聞のねたを探して 街をうろついていた。なつの目の前を、覆面をした男たちが通り過ぎ、それを包丁を持った男が追いかけてきた。これはねたになると確信したなつは、覆面男たちのアジトに乗り込む。が、男たちに囲まれて、大ピンチ! そこに強化スーツを着た戦士が突如現れる。驚くなつに、近寄ってきた戦士の正体はなんと、万里だった。 万里は、覆面男たちのこと、強化スーツのこと、そして、なつの母親が、戦士として戦っていたことをなつに打ち明ける。使命を感じたなつは、強化スーツの戦士となって、悪と戦うことを決意する。万里の指導の下、厳しい特訓がはじまる…。
国連特務機関【EIDO】に所属する二等急襲執行官・メリルレッドこと北條魅洛、そして彼女のお目付け役、一等急襲執行官・バイオレットランサーこと冴羽氷見香。日々時空を超えた地球侵略者達との闘いに明け暮れる彼女たちの前に現れる謎の異性人・ダイス。ウワサの絶えない【宇宙法】の存在を盾にされ、地球の存亡をかけた罠に堕ちてゆく二人の戦士。いまだかつて真剣に剣を交えたことのないヒロ戦士同士のガチンコ勝負の火蓋が今、ここに切って落とされる…!!だが氷見香の足元がふいにふらつく。「身体が…重い…?」ダイスの二重三重の罠が二人を襲う!【闘争本能強圧移し変え】【精神肉体分離】【エネルギー強圧吸収】【戦闘装備消失】!!戦士を見舞う屈辱的な罠の数々。そして人質に捕られた肉体に襲い掛かる攻撃!!!「さて。最終ラウンドに入る前に【ルーザーズ・チャンス】を貴女様にお与えいたしましょう…なあに、簡単なことです…ワンルーズ、ツーゲット…つまり一つ失い…二つ得る…」!?氷見香の打開策を魅洛ははたして悟ることが出来るのか!?急げ!!魅洛が理性を失う前に!!急げ!!愛する者同士の潰し合いになる前に!!
スペースエージェント・ジェンナーこと沢向愛、そしてそのパートナーであるアンジーは、力をあわせ宇宙魔団組織クーガから地球を守っていた。生き物の生命エネルギーを奪い、それを人造傭兵製造に利用するクーガの指揮官・戦巫女ラーは、計画をことごとく邪魔する二人を抹殺する為、邪悪な手段を実行に移す。それは協力することで無限の力を発揮する二人を、別々に孤立させて叩こうというものだった。アンジーが、以前自分の指揮の下に壊滅させたマリン星唯一生き残りだと知っているラーは、自らそれを打ち明け、アンジーを挑発する。復讐に理性を失ったアンジーは、圧倒的なパワーを持つラーの手下・魔喰獣ゴリリゴとの戦いの前になすすべなく敗れ、捕らわれてしまう。捕らわれたアンジーは、ジェンナーの弱点を知ろうとするラーによって、壮絶な拷問を受けていた。しかし、どんなに痛めつけられてもアンジーはかたくなに口を割らない。それならばとラーは彼女をエサにジェンナーをおびき出す作戦を開始する。アンジーを救出に来たジェンナーであったが、アンジーはラーの手によってその体を操られ、魔喰獣ゴリリゴと共に襲い掛かってくる。ゴリリゴに動きを封じられ、アンジーにバトルスーツを切りつけられるジェンナー。さらに彼女は、ゴリリゴの放つミサイルの直撃を受け、バトルスーツを破壊されていくのであった。豪腕パンチ、ガトリング乱射、巨大ドリルと立て続けにバトルスーツの上から攻撃を受けるジェンナーは、意識朦朧としながらも、操られているアンジーを想う。果たして、二人はこの地獄の責め苦から脱出することができるのであろうか?