9月 25, 2022

稲川淳二 恐怖の現場

【禁断の地で、恐怖の帝王“稲川淳二”が検証する心霊現象とは、その真相とは!】≪巨大 怨霊ホテル≫(千葉県南房総市)タクシーの運転手に無線が入り客が待つホテルに着くとそこは廃墟だった。赤ん坊を抱いた女を乗せ東京へ向かった。途中、赤ん坊が泣き出し、後ろを見ると赤ん坊の首がなかったという。その廃墟ホテルがここ。~妊婦のシミが残る部屋で検証~二人「キャー!女の人が歌ってる!!」更に1Fロビーで検証。島本「フロントに誰かいる!」「キャー!誰か歩いてくる」そして島本リタイア。稲川「本当に怖いものは結論をだせるものじゃない。ただこの建物は犠牲者を求めているような気がする。本当に怖い現場だ。」≪御霊が眠る、迷宮洞窟≫(東京都八丈島)観光スポットで有名な八丈島。しかし、過去には様々な因縁話のある島である。稲川は30年間調べ尽くした場所があると言い、そこを検証したいと言い出した。そこは、太平洋戦争の末期、2万人の兵士によって掘られた洞窟、地下要塞だった。~洞窟内で検証~検証直前、鈴木の体調に異変が!!稲川「今、彼女の顔が二重に見えた。取り憑かれたかと思った」そして一旦休憩。洞窟内での検証開始、響き渡る無数のうめき声!鈴木半狂乱!!…そして稲川が流した涙の訳とは※当作品の撮影現場は大変危険な心霊スポットです。軽い好奇心から現場を訪れることはおやめ下さい。万が一現場へ行き何らかの不思議な現象や心霊体験をされても当方では、一切責任を負いません。 ※特典映像は収録されておりません。
【あなたは、知っていますか?鳴り止まない世界…。暗闇の恐怖…。見えてしまった瞬間…。】≪無数の霊魂、廃ラブホテル「ラブホテル リリ」≫(北海道夕張郡)稲川「これは…単なる自殺じゃない!」撮影終了後には、廃墟の二階で信じられない驚愕の出来事が!!住みついていた放浪者が実際に首吊り自殺をしたという廃ラブホテル。彷徨う霊魂とは、成仏できないその放浪者の魂なのか?それとも…投げ出された怪しげなロープ、生活していた跡…何者かの気配が動き、そして得体の知れない女性の歌声が!次々と起こる怪現象に絶叫を抑えられない二宮&尾崎!!稲川「こきに居座る霊魂は1人じゃない!」この廃ラブホテルに隠された恐怖の実態、稲川はそれを解明することが出来るのか!?さらに、ラストには信じられない驚愕の出来事が!!≪黄泉トンネル…金山ダム≫(千葉県鴨川市)確かに聞こえた女性の声!赤ん坊の泣き声!!闇夜から迫ってくる足音!!山奥にひっそりと佇む金山ダム。そのダム湖にかかる吊り橋、ほとりにあるトンネルは、自殺や心中があったとの噂が絶えない。トンネル入口に近づいて行くと「斧落隧道」と書かれた石額が…“斧落”を意味するものとは何なのか?トンネルに染みついた、血のシミのような跡…そして、誰もいないはずの暗闇から不可解な女の声が!謎の電波障害がおこり、さらに、赤ん坊の泣き声が!!泣き声がした方に稲川たちが近づいていくと、そこにあったものは!?世間から隔離された異次元の世界がここには存在するのか!?※当作品の撮影現場は大変危険な心霊スポットです。軽い好奇心から現場を訪れることはおやめ下さい。万が一現場へ行き何らかの不思議な現象や心霊体験をされても当方では、一切責任を負いません。 ※特典映像は収録されておりません。