9月 25, 2022

幻界エロス教典

ある晩、竹取の爺と婆は、林の中で見つけた黄金色の竹の中から、全裸のかわいい娘を見つける。子宝に恵まれないふたりは、彼女を天からの授かりものとして育てることに決める。かぐや姫と名付けられた娘は、すくすくと美しく成長していく。やがて町の男たちの欲望の対象となったかぐや姫だったが、彼女には男の欲望を敏感に察知する能力が秘められていた。