9月 25, 2022

セーラー忍者

グルド達はキリサと美央の合体技でやられることに。一方、キリサと美央は妖魔達を完全に倒すべく鍛錬し技に磨きをくわえていた。グルドは妖魔を未来から何体もつれて帰ってくるようにタイムマシーンの世界的権威、芳村と接近を図るのだが…キリサ達は先に気づき芳村と入れ替わっていた。囮役の美央は妖魔にやられアジトにつれられ泡等で攻撃をされる…。心配するキリサは必死で美央の行方を捜すが…妖魔のアジトではグルドと加代子で争いが起こり妖魔使いの頭に加代子がたつことになる。美央が拷問室を脱走し、キリサと落ち合い安心も束の間、妖魔使いの加代子は妖魔ゲル・ゴキを引きつれ待ち伏せていた。
東京都知事「山浦幸太郎」の支持者が暗殺されるという事件が発生する、警視庁殺人課の「落合美香」通称ビキニは暗殺者の黒幕がオーイガコーポレーションの総帥「須藤義則」の犯行と断定し、捜査を開始する、その頃警察の護衛に限界を感じた山浦の秘書「篠崎勉」は裏社会で暗躍する探偵「セーラーニンジャ」と呼ばれる元暗殺者の「上草響」を雇う事に。 巨額のギャラに目がくらんだ響は山浦の護衛を引き受ける事に、早速に現れた暗殺者達を撃退した響は黒幕の須藤を始末するためにアジトへ忍び込むが秘書の篠崎の裏切りで敵の手に落ちてしまう、その頃オーイガの暗殺者「雫」は山浦を後一歩まで追い詰めるが寝返ってSNBの忍者を皆殺しにしてしまう。
20XX年…未来の地球は戦国だった。妖魔使いのグルドはこの世を牛耳ろうと退魔忍者一族を壊滅させ、最後の生き残りキリサは一人で戦うこととなる。だがキリサ一人の力では妖魔たちに勝てないと思い、キリサは最後の手段…過去に行ってグルドの祖先を暗殺しこの世を正そうと異次元空間から過去に遡ることになる。そこで会ったのは退魔忍者の祖、越島美央。一方、グルドもキリサの考えを読み過去へ遡ることになる。グルドに瓜二つの轟満男を見つけたが…妖魔が前に立ちふさぐ。キリサ・美央VS妖魔の壮絶な戦い。