9月 25, 2022

グラドルヒロイン危機一髪!!

報酬次第でどんな危険な仕事でも引き受ける傭兵姉妹、如月美紅と藍果はスイートマーセナリーズとして裏の世界で暗躍していた。そんな二人の元にセライオ王国の国王から仕事の依頼が来る。セライオ王国で起きようとしているクーデターで王女の身を案じた国王は、日本国内に王女を隠し旧知の仲である二人に護衛を頼みたいというのだ。法外な報酬につられた二人は気軽にその依頼を引き受けるが、それは命がけのミッションの始まりだったのだ!敵の組織は闇四神という凶悪な傭兵を送り込み王女を付け狙う。恐るべき殺人術を持つ闇四神から王女を守る為に、二人は決死の戦いを挑む!?
元同僚の犯罪者・威武頼を追う捜査官・天知みゆきと宇宙広域指定犯罪者・ガンズを追う宇宙連邦捜査官・スピアはお互いの捜査中に偶然出会い、そしてお互いの標的を捕り逃してしまった。言語以外の地球のデータがまったく無いスピアはガンズを捕まえるため、みゆきに協力を仰ぎ、みゆきはしぶしぶ承諾する。捜査の末、威武頼を見つけた二人、手下の邪魔をスピアが阻止し、みゆきは逃走する威武頼を追ったが、そこへガンズが割って入り、みゆきはまたしても捕り逃がしてしまう。スピアを倒すために人質がほしいガンズは、圧倒的な力の差を見せつけてみゆきを倒し、人気の無い倉庫へ引きずり込んだ。女の体液から麻薬を精製する生業を持つガンズはみゆきの生命エネルギーを奪ってから体に針を刺し、体液を抽出する。絶体絶命のピンチに陥ったみゆき。そこへスピアが救出に入るが…。
死闘の末、闇四神の玄武と白虎を倒したスイートマーセナリーズだったが、傷ついた身体を休める暇も無く新たなる敵と戦うことに。しかし王女を守るために単身闘いを挑む藍果は美紅に変装した闇四神の一人、朱雀の罠に嵌り拷問にかけられてしまう。美紅もリーダーの青龍と対決するが完膚なきまでに叩きのめされてしまう。その上王女は藍果を救出すべく敵のアジトに乗り込み藍果を救おうとするが自らも人質として捕まってしまう。そして美紅と執事のサナダは闇四神のアジトに潜入し二人を救出する最後のチャンスにかける。果たしてスイートマーセナリーズは闇四神を倒し、王女を守り抜くことができるのか!?
スピアにもらった変身能力を身に着け、何とかガンズを倒したみゆきとスピア。しかし、ガンズの種族は二つの命を持つため、完全に倒したとはいえなかった。一方ガンズは、みゆきが追っている地球人の犯罪者・威武頼に変身能力を与え、仲間に引き込んだ。ガンズ、威武頼の奇襲により、瀕死の重症を追ったみゆき。その敵を討つため、スピアは一人でガンズと威武来に挑むのであったが…。スピアとガンズの因縁に隠された重大な秘密、そしてみゆきと威武来の最終決着。二つの追走劇、いよいよ最終章。
宇宙連邦捜査官のエースである竜崎ランは、捜査官殺しの罪で連邦刑務所に入れられていた。殺人を犯すところを、何人もの人間に目撃されているにも関わらず、殺人を否認するランは、刑務所の中で壮絶な拷問にかけられていた。事実を突き止めるため、決死の思いで刑務所を脱出したランの前に立ちふさがったのは、ランのパートナーだった虎村リオだった。必死に無実を訴えるランだがリオにはその声は届かず、二人は戦うことに…そしてその戦いはランの勝利で幕を閉じ、孤独な逃亡劇は続くと思われた。だが戦いの中で違和感を感じたリオは、ランを信じられなかったことを後悔し、味方となることを決意していた。そのことに気づいたランを陥れた犯人、凶悪犯罪者ジンガ一味は、犯罪者として強化スーツなど戦う術を没収されているランに魔手を伸ばしていた…。
黒閻魔「コスモレディー、最後にチャンスをやろう!この地球から手を引いて大人しく銀河に帰れ!そうしたら我々は貴様を攻撃しない!無駄なエネルギーを使いたくないからな!」コスモレディー「冗談云わないで!この私が居なくなったら、お前ら地獄軍団は地球を征服するつもりでしょ!」黒閻魔「そう!悪いか?お前には関係ない事だろう!黙って見てろ!」コスモレディー「私を誰だと思っているの、銀河連邦捜査官、太陽系方面平和維持隊、隊長コスモレディーよ!」
太陽王と慕われたソレイユ王がクーデターで王座を奪われて15年。レクサゴヌ王国はレクサゴヌ帝国となり、クーデターの首謀者エルバイドが皇帝になり民衆は圧政に苦しんでいた。だが、理不尽な暴力で民衆を支配するエルバイド皇帝に一人抵抗する女戦士がいた。その名はセ・レーヌの星。普段は修道女アンジュとして暮らしている彼女は仮面に顔を隠しエルバイド皇帝そしてその手下たちと戦っていた。だがエルバイドが呼んだ魔術を使う女幹部トワル、その部下セルバンによってセ・レーヌの星は危機に陥る。その危機を救ったのは黒いアマリリスと名乗るレジスタンスのリーダーだった。だが激しい戦いの中、黒いアマリリスがトワルの放った蜘蛛の毒に倒れてしまう。セ・レーヌの星は弱った黒いアマリリスを助けながら窮地を脱することができるのか!
捜査官殺しの犯人として捜査局から追われている竜崎ランは、自分を陥れた犯罪者ジンガ一味に襲われ、絶体絶命の危機に直面していたが、ただ一人自分を信じる同僚の虎村リオによって救い出される。ランを秘密の場所にかくまったリオだが、捜査局の中にいたジンガ一味の内通者ギーズの罠にはまり捕らわれの身に。リオに憧れていたサディスト・ギーズは、ジンガからランの居場所を聞き出せば好きにしていいと言われ、ありとあらゆる拷問でリオを責めたてていく。リオに居場所を吐かせることができず、自分を捕らえにきたギーズを逆に叩きのめしたランは、リオの居場所をギーズから聞き出して、ジンガの所へ乗り込んでいく。ランはリオを救い出し、ジンガ一味を捕らえることができるのか!?
女子校生の伏波龍美は功龍拳の正統伝承者として厳しい修行の日々を送っていたがある日、師匠である神谷六郎が東京にいる弟子に会いに行くと言う言葉を残し行方不明になってしまう。龍美は神谷の失踪の謎を突き止る為に探偵の梶本を雇いついに手掛かりを知る人物を突き止める。しかし、神谷は弟子である篠崎アキオに、決闘の末殺されたというのだ!逆上した龍美は篠崎アキオと対決し功龍拳の奥義でアキオを倒すがそれは神谷と功龍拳を目ざわりに思っている暴力団大猛組の策略だったのだ!大猛組のボスである佐々木は対立するアキオのグループと功龍拳の唯一の生き残りである龍美を始末する為に二人を戦わせたのだ。そのうえ更なる卑劣な罠が龍美に降りかかる、神谷を助けたければ闇の格闘技大会に出ろというのだ。アキオを殺された恨みを持つ者がウヨウヨいる格闘技場に向かう龍美。果たして龍美は功龍拳の正統継承者としてこの試練に打ち勝つことができるのか!
魔女トワルの放った蜘蛛の毒に侵され苦しむ黒いアマリリスを守りながらセ・レーヌの星は窮地を脱する。しかしトワルはエルバイドの秘書のルナから黒いアマリリスに放った蜘蛛の毒のかすかな匂いを嗅ぎ取り、ルナにセ・レーヌの星を捕まえたという偽情報を流して、黒いアマリリスをおびき出して捕らえることに成功する。壮絶な拷問にかけられながら何も話さない黒いアマリリス。トワルは黒いアマリリスを捕らえ処刑するという情報を流し自分が黒いアマリリスに化けてセ・レーヌの星を捕まえる。エルバイドはセ・レーヌの星が死んだソレイユ王の娘だと知りソレイユ王から聞きそびれた秘宝のことを吐かせるために、セ・レーヌの星を拷問にかけて責め続ける。壮絶な拷問を与えられ続ける二人の前にエルが救出に現れる。